知っていますか?紫外線のこと。

『紫外線』夏に近づくにつれて、いろんなところで目や耳にするこのワード。
日焼け止めは大切!ということはよくわかっていても、案外、日焼けについて知らないことって意外と多くないですか?そこで!!今日は紫外線についてのお話です。


◆◇◆ 日差しが強くない日でも紫外線対策はしっかりと ◆◇◆
よく晴れた日や日差しが強い季節には、UVケアをしっかりしなくては!とみなさん思われると思います。
でも、実は雨の日や曇りの日、日差しがやわらかい季節でもUVケアは必要です。
紫外線は年中降り注いでいるので、UVケアは一年中必要なんです。

◆◇◆ 紫外線の種類って? ◆◇◆
紫外線は、波長の長いほうから
UV-A(紫外線A波)
UV-B(紫外線B波)
UV-C(紫外線C波)
の3つに分けられます。UV-Cは、波長が短いため、オゾン層を通過する過程で散乱あるいは吸収されるため、地表には届きません。
しかし、最近問題視されているオゾン層の破壊によりオゾン層が薄くなり、
ぽっかり穴があいてオゾンホールができてしまうと、これまで地上にはほとんど
到達しなかったUV-Cが届くのではないかと心配もされています。

◆◇◆ UV-A(紫外線A波)の特徴 しわやたるみを引き起こす ◆◇◆
UV-Aは、波長が長く、地表に降り注ぐ紫外線の9割を占めます。
UV-Bよりも肌の奥深くまで届くのが特徴です。
室内でも曇りの日でも、肌の奥深くまで、じわじわと侵入し、UV-Aを繰り返し浴びているうちに、肌はゆっくりと黒くなり、肌のハリや弾力を低下させて、しわやたるみなどを引き起こします。
雲や家の中・車の窓ガラスも透過して肌にも到達するため「生活紫外線」とも呼ばれます。

UV-Aは波長肌の表皮の奥の真皮層にまで到達。ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をつくりだす線維芽細胞を傷つけてしまいます。そのため、UV-Aを浴びてしまうと、肌は弾力を失い、シワやたるみといった見た目の印象を大きく左右する肌悩みを引き起こしてしまうのです。
対してUV-Bは、波長が短いために真皮には到達しませんが、表皮にさまざまなダメージをもたらします。ヤケドをしたように肌を赤く炎症させるサンバーンや、メラニン色素が沈着して肌を黒くするサンタン、シミやそばかすの原因になります。
このように、紫外線ダメージに負けず、すこやかで美しい肌をキープするためには、UV-AからもUV-Bからも徹底的に肌を守ることが大切だということがよくわかりますね。

◆◇◆ UV-B(紫外線B波)の特徴 シミや炎症を引き起こす ◆◇◆
UV-Bは、波長が短く、屋外での日焼けの主な原因となるため「レジャー紫外線」とも呼ばれます。表皮細胞に影響を与え、たくさん浴びてしまうとすぐに真っ赤な日焼けやかゆみ、ヒリヒリとした炎症を引き起こし、メラニンを作らせ、シミや色素沈着の原因になります。

◆◇◆ 季節による紫外線量 ◆◇◆
UV-Aが一番強くなるのは5月で、一番少ないのが12月です。それでも5月の半分程度は
あるので油断はできません。2月でも紫外線量は真夏の80%もありますから、紫外線対策は1年中必要です。
UV-Bは季節よって変動が激しく、5月頃から徐々に増えてきて、6月〜8月に最大となります。夏に比べて、春と秋はその半分程度、冬には5分の1程度になります。
雨の日に、紫外線が全くないと思っている方も多いようですが、薄曇りの日でも紫外線は
晴れの時の60%〜80%、大雨の日でさえも30%もあります。また、紫外線の反射率も知っておきましょう。
●雪面 80〜90%
●水面 20〜80%
●砂浜 10〜20%
●コンクリートや芝 数%
と、思っているより反射率は高いのです。日陰にいても反射した日光によって
首などを日焼けしてしまうことはよくあります。日光を直接浴びていないからといっても
油断はできません。紫外線防止対策は、日焼け止めを塗ることだけでなく、
●なるべく日陰に入る
●日傘をさす
●つばのある帽子をかぶる
●UV対策用の衣類を着る
●サングラスをかける
などの対策を考えましょう。
帽子の場合、つばが7センチあれば、紫外線の60%はカットできますし、日傘は一般的なもので
90〜95%の紫外線をカット。日傘と肌の距離を30センチにするだけで紫外線を40%も遮断することができます。

◆◇◆ SPF と PA  違いってなに? ◆◇◆
「ちょっとそこまでだから」「洗濯物を干すだけだから」と日焼け止めを塗らずに
外に出るのは危険です。紫外線は、短い間でも浴びてしまうと体内に蓄積され、ある日
しみとなって肌に現れるので注意が必要です。
日焼け止めの容器には、必ずSPFとPAという表示があります。
SPFは、「日焼け止めを使用することによって、何も使用しない場合の何倍量の紫外線をカットできるか」を示したものです。SPFが大きいほど、紫外線をカットする効果が高くなります。汗や皮脂、服のこすれなどではがれ落ちるので、3〜4時間ごとに塗り直す必要があります。
またSPFは、UV-Bに対する防御指数であるのに対し、PAは、UV-Aに対する防御指数となります。


スタアリィアイの日焼け止め
『 サンスクリーンゲルbaby 』は、そんなA派もB波もしっかりブロック!
SPF50+/PA++++なので、高い紫外線防止効果で、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぎます。
お肌に負担をかけない紫外線吸収剤不使用なので敏感なお肌の方にもおすすめします。
ぜひ、お試しください!!


6月はお肌にとって実は過酷な季節!?

6月に突入しました!
もう1年の半分まで来てしまいました!!
あっという間に梅雨を通り過ぎて、夏が来そうな勢いです(笑)
さて、タイトルにもあるように6月はお肌にとって微妙な季節。
雨が降ってジメジメ・・・だったと思えば、
夏のような日差しで気温も上昇・・・
このようなとき、体って結構しんどいですよね。
実は同じように、お肌にとってもしんどいんです。

気温や湿度の上昇による「あせも」が出たりもします。
気温が高い日は汗をかきやすくなりますが、
そのような環境で、汗がこもったままの状態でいると
角質層が乱れてお肌が乾燥したり、汗の成分が刺激となって炎症やかゆみを
引き起こし、あせもなどができてしまいます。

●「3つのぱなし」に気を付けよう。
「汚れっぱなし」
皮脂、洗剤、化粧品などが皮膚に残っている。

「濡れっぱなし」
汗をかいた後や、顔や手を洗った後にきちんと拭かないなど、
皮膚に水分が残っている

「こすれっぱなし」
髪の毛が顔や首にあたっている、服のタグがこすれるなど、
皮膚が刺激を受けて傷んでいる。掻くことも皮膚を傷つける。
だ、そうです。
自分のお肌の状態をチェックしていると、ひどくなる前に対処できます。
みなさんも朝のお手入れの間の数分でいいので、セルフチェックしてみてくださいね。

5月って焼けるんです!

すこしずつ暖かい日差しとともに、紫外線対策が必要になってきた5月。
美肌ケアに、紫外線対策は絶対に欠かせません。
紫外線は5月から徐々に増え始め、6月には真夏とほぼ同量になるそうです。
まだまだ暑くないから大丈夫、今日は雨が降って曇ってるからいいや、、、
なんとことをすると、あっという間にしっかり日焼けしてしまいます。
大体3〜4時間おきに塗っておくと高い効果が期待できます。
あと、汗などでも落ちやすいので「こまめ」に塗ることをおすすめします。

スタアリィアイの日焼け止め サンスクリーンゲル babyは、
SPF50+/PA++++なので、
高い紫外線防止効果で、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぎます。
高い紫外線防止効果でありながら、赤ちゃんでも使えるお肌のデリケートな方にも
使っていただける日焼け止めです。
それから、保湿、美容成分が入っているので、クレンジングしたあとでも
お肌がプルっと潤っている感じを実感していただけると思います。
今月は、なんとポイント20倍ですので、おススメですよ!

春のお肌トラブル、意外とあるんです。

4月に入りまして・・・
あれ?なんか顔がかゆい。体がかゆい。
目がゴロゴロする。ニキビ、吹き出物ができやすくなったような?
という方、いらっしゃいませんか?
それ、わたしもです(笑)
春は花粉などによって肌トラブルが起きやすくなる人が多いと言われています。
あれっと思ったときに、すぐにお手入れを見直すことで、少しでも肌トラブルを少なくできるといいですね。

花粉が目に入ると涙目になって、目の周りがかゆくなって皮膚をこすったり、
掻いたりしてしまいます。この摩擦により、皮膚が傷つき、赤みや発疹ができたり、
酷いときには、腫れることも。
目の周りは、顔の中でも角質層が薄く、バリア機能が弱いため、
大変デリケートな部分です。少しでもこすったり掻いたりすると傷がつきやすいということを
知っておいてください。
あとこれはわたしもよくあるんですが、
アレルギーや花粉で鼻水が出て、頻繁に鼻をかんでいると、目の周りと同様に、
皮膚が傷ついて炎症を起こし、赤くなることがあります。
これも摩擦による炎症です。
花粉症の方は、まず病院などで治療や薬をもらって、症状が治まってから、
目の周りなどの乾燥しやすい部位に低刺激性のクリームなどをつけて保湿するといいでしょう。
いずれにせよ、自分のお肌の状態を日ごろから
観察しておくと、いざトラブルが出てもひどくなる前にすぐ対処できますね。
美肌を目指して、日々のチェックもしっかり頑張りましょう!!

花粉症にお悩みの方へ。

3月に入りまして・・・少しあったかくなりました。
そして、花粉症の方にはツライ季節になりました。
わたし自身は、まだ大丈夫なのですが
割と家族や周りのお友だちが先週あたりから目や鼻が苦しい・・・と辛そうです。
調べて見ると、

『日本気象協会によれば今年の花粉傾向は、例年と比べて同程度かやや多い予測となっています。
スギ花粉は2月下旬を境に九州から東へ、ヒノキ花粉は3月下旬からの予測です。
薬で対応している方は1月下旬あたりには処方箋を提供してもらうと良いでしょう。
今年の花粉傾向は多いか少ないかの二極化となりそうです。
昨夏は前例に無いほどの雨、暑さを経験された方も多い事でしょう。
花粉は日照時間が長くと温度が高いほど多く作られます。
また前年の飛散量が少ないと、平均以上の日照時間と気温ならば翌年の飛散量は多くなる傾向にあります。
昨年の花粉飛散量は日本列島全体を見渡すと平年並みかやや少なめの地域が多かったので、
今年はやや多めの飛散量が予測されています。』
そうそう、花粉の飛ぶ前や症状が出たあとでも薬を服用するとだいぶ楽になるそうですよ。
あと、
●外出時のマスクの着用
●外出時の服装選び(シャカシャカしたもの、花粉が入り込まないようにするため)
●外出の回数を極力減らす工夫をする
●帰宅時の花粉対策(家に入る前に花粉を払う)
●帰宅後すぐのシャワー・入浴
●空気清浄機・布団クリーナーの活用
●窓は絶対に開けない
●睡眠時間を減らさない

これをやるといいらしいです。
花粉症のみなさま、どうぞお大事に!!


今月は、『サンスクリーンゲルUV baby』の日焼け止めがポイント20倍で
さらに雨天兼用の日傘もプレゼント★とかなりお得になっております。
敏感肌の方にも使っていただける安心の処方です。
この機会にぜひお試しください!

「秋バテ」にご注意を!

暑い夏が過ぎ去り、朝晩はようやく涼しくなったと思うころに突如やってくる「秋バテ」症状。

みなさん、感じることはありませんか?

私は、まさに今そんな感じです・・・

これは、夏に冷たい飲食物をとりすぎて胃腸を酷使したことや

熱帯夜で充分な睡眠が取れなかったことが主な原因といわれています。

この秋バテ解消には、食事と睡眠の両方から改善する必要がありそうです。

食事では、胃腸をいたわって温かいものを食べるよう心がけましょう。

週1回でも胃腸をケアする日をつくりましょう。

睡眠に関しては、夏の疲れをリセットする1週間を設け、

普段より少し早く眠ってみるといいでしょう。

カラダの自然なリズムとして、夏よりも秋のほうが睡眠時間は長くなります。

このリズムに従い、秋はしっかりと睡眠をとることが1年を通した健康につながります。

あとは、頑張りすぎないことも大切だと思います。

いろいろやっておきたいこと、やらなければならない仕事や家事などいろいろ・・・

あると思いますが、1度にたくさんすると疲れてしまいます。

自分の無理のない程度に、物事を優先順位を決めて

片付けていくといいのかなと思います。なにごとも 健康第一ですね。

ムシムシ暑くなってきたので、アイスティーはいかがですか?

今日は、いつもの紅茶をより美味しくいただくために
アイスティーのおいしい入れ方をご紹介いたします。
この方法をマスターすると、
お客様が突然来られても、ステキにおもてなしできること
まちがいなし!です(^^)

【アイスティーのおいしい入れ方】
※ポイント1
2倍の濃さのホットティーをいれます。
茶葉の量を倍にするのではなく、注ぐお湯の量を半分にします。
これは、氷が溶けることを考慮して、湯の量を半分にします。

※ポイント2
急速に冷やす。
2倍の濃さにいれたホットティーは、茶こしをとおして、ポットに移します。
次に、別のポットに砕いた氷をグラスにいっぱい入れて、ホットティーを一気に注ぎ、急速に冷やします。

それでは、入れ方です。
【1】温めたポットに茶葉を入れます。
茶葉の量はストレートティーを基準に、グラスに合わせます。

【2】沸騰しているお湯を手早く注ぎます。
お湯の量はホットのときの半分で。

【3】蓋をして蒸らします。
蒸らし時間は茶葉にもよりますが、おおむね2分程度。

【4】別のポットに移した段階でグラニュー糖を入れ、よく溶かします。
甘さは好みにもよりますが、ホットのときの1.5〜2倍くらい入れると
ちょうどよく感じられるでしょう。

【5】グラスに砕いた氷をたっぷり入れ、
2倍の濃さのホットティーを注ぎ冷やします。

ミントやレモンがあれば、さらにグレードアップしたアイスティーの出来上がり♪
思ったよりお砂糖を多めに入れると味が安定しますよ。
いかがでしょうか。

たっぷりの氷さえあれば意外と簡単で美味しくできるので
ぜひみなさんもお試しください!!

知っていますか?春の紫外線には要注意ですよ〜!

3月に入りました。

3月って暖かくなってきたのに、
なんかお肌乾燥気味じゃない??ってことありませんか?

意外や意外!
実は、3月のお肌は季節が変わり新陳代謝が活発になり、冬の疲れが溜まっているので、
肌トラブルが多いんです。

そして・・・あまり知られていないのが、紫外線の量。

紫外線は一年を通して注意しておきたいものですが、
特にこの春先から強くなっていきます。

真夏の強烈な日差しをみると、紫外線対策もしっかりしとこう!と思いますが、
春はわりと油断しがち。

実は紫外線量というのは5月頃にピークを迎え、5月の紫外線は真夏の紫外線量よりも多いのです。

さらに3月の紫外線量は9月と同程度。

春めいてきたと思ったら、
真夏と同様の紫外線対策を行っても問題のない季節です。

春の紫外線はかなり強いにも関わらず、
紫外線対策が十分ではないことで、さらに肌トラブルを起こしやすくなっています。

一年を通して行っていきたい紫外線対策ですが、この時期から特に油断をしないように注意していきましょう。

今月は、 『サンスクリーンゲルUV baby』の日焼け止めもポイント20倍と
お得になっております。この機会にぜひお試しください!

2月のキャンペーン ケアリークリーム


=======================================================================
こんなうれしい「お客様の声」をいただきました

これなしで生きていけません…。 酷かったアトピーがようやく治まってきた12月、冬の乾燥で再び顔が赤く、ゴワゴワに荒れてきたので、また地獄の日々に逆戻りしてしまうのかと絶望していました。
その時、最初は興味もなく、ただキャンペーンで安いからついでに買っただけのケアリークリームを藁にもすがる思いで塗ってみました。 塗った瞬間からしっとりとなじみ、プルプルもちもちの肌になります。一日にして顔の赤みはすっかりなくなり、寝る前にこれを塗ると朝までしっかり潤いを保ってくれます。

何より驚いたのが、アトピーの痒みが一日で治まったことです。これには本当に感動しました。特に額と首の痒みがしつこかったのですがケアリークリームを塗ったその日から痒みが嘘のように引けました。
ケアリークリームは根本的に肌質を変えてくれるように思います。赤くゴワゴワで黒ずんで荒れていた肌は、今では白く滑らかになり、朝もお風呂上がりも常時しっとり潤いを保っています。こんなことは未知の体験です。

アトピーが治ったというだけでも驚きですが、まさかアトピーになる前よりも綺麗な肌になるとは思ってもいませんでした。 もう他のものは使えません。私の救世主です。あの時ケアリークリームに出会っていて本当に良かったです。

節分とは。

あっという間に2月に入りました。
先週は、とんでもない大雪が降り、
車が我が家から数メートルの場所でスリップし
身動きとれず・・・涙
たいへんでした。
自然の力は、ほんとうにおおきいものだと
実感した数日間でした。

最近、スーパーに行くと
いろいろなところでふいうちに鬼のお面などを発見し、
子どもとびっくりしているスタッフよねいです。
そう、3日は節分ですね。
節分ってどういう意味で名前をつけたれたのかな?と思い
調べてみましした。
節分は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。
節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。
江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。
この場合、節切月日の大晦日にあたる。
本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。
だ、そうです。
季節を分ける という意味だそうですねぇ。
そして、もうひとつ。
大寒の最後の日・・・ということは、寒さはだんだん落ち着いてくるのかな。
あーもう降らないでほしいな。
3日は、子どもが好きな海鮮巻き寿司でも作ろうかな(^^)

ページトップへ