いつの間にか・・・もうすっかり秋です。秋のスキンケアを。

10月に入りました。
9月初めは、まだまだ夏の暑さも残っていたのに
あっという間に秋になりました!!

これから気温もぐっと下がってお肌の状態が気になる季節です。

スキンケアはそのとき、そのとき、
季節に合わせて使うことが大切です。
夏なら紫外線対策ですが、
秋は、夏のエアコンや日差しにさらされたお肌をケアしてあげましょう。
秋のお肌は、美白、保湿、角質ケアなどが必要です。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

夏のダメージ肌
夏は紫外線や汗、皮脂、エアコンによる乾燥などの影響で肌が黒くなったり、くすんだりしがち。一般的に、肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)は28日の周期で繰り返されているため、夏の終わりに受けたダメージは秋まで続きます。

冬に向けて気温が下がる
秋になると、一気に気温が下がります。環境の変化で肌がストレスを感じると、ターンオーバーが遅れて古い角質が溜まり、肌がくすむ人が多いです。また、気温が下がれば、汗や皮脂の分泌量が減って乾燥し、肌がどんよりと暗くなることもあります。


  ↓↓↓  これによって  ↓↓↓


  肌トラブルが起こりやすい

■シミやそばかすが現れる
■乾燥する
■肌がデリケートになる
■たるみやシワ

なんてことになる前に、しっかりケアしておきましょう。


□美白ケアでシミやそばかすを予防
【ビタミンC誘導体・ルイボスエキス配合のケアリーローション】
https://www.starryeye.com/SHOP/SC01.html


□角質ケアでくすみ対策
秋のお肌は、夏のダメージで、ターンオーバーが乱れがち。
結果、古い角質がたまってしまいます。古い角質が残っていると、美容成分が浸透しずらく
乾燥にも繋がってしまいます。
[洗顔石鹸]【ケアリーソープ】
https://www.starryeye.com/SHOP/SC02N.html


□保湿でバリア機能アップ
秋からは、気温が下がり、空気も乾燥しやすいので、保湿ケアが重要です。
スキンケアで肌が潤うとバリア機能が高められるので、肌荒れやニキビなども起こりにくくなります。
[セラミド配合 ゲルクリーム]【ケアリークリーム】
https://www.starryeye.com/SHOP/SC06.html



いま、季節の変わり目なのでお肌はとっても不安定です。
秋は夏のダメージや花粉(ブタクサ・ヨモギなど)などの影響でお肌がデリケートに。
スタアリィアイの化粧品は、自然から採れる粘質「ゲル」を使用することで、
合成界面活性剤や鉱物油を極力使わないことをベースとしています。
敏感肌でお悩みの方にもお肌にやさしく、かつその美しさを引き出すスキンケアです。


あれ、荒れてる?というときに、ぜひお試しいただけたらと思います。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

まだまだ暑い!!熱中症には気をつけて!!

9月に入りました!
なかなか涼しくならず、いつまで続くのでしょうかこの暑さ…


今年は全国的に気温が高く、厳しい残暑が続きそうです。
9月になっても熱中症対策が欠かせません。
次の台風も心配ではありますが、まだまだ9月も暑いと思われますので
熱中症予防を引き続き、やりましょう!


**********************
     熱中症予防のために
**********************

●暑さを避ける●

【室内では】
・扇風機やエアコンで温度を調節
・室温をこまめに確認

【外出時には】
・日傘や帽子の着用
・日陰の利用、こまめな休憩
・天気の良い日は、日中の外出をできるだけ控える

【からだの蓄熱を避けるために】
・通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
・保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす


●こまめに水分補給する●
室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう。
大量に発汗する状況では、経口補水液など塩分なども含んで補給しましょう。

「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく、室内で何もしていない時でも発症し、救急搬送されたり、場合によっては、死亡することもあります。

 熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。


□熱中症の症状□
めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
重症になると…返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い
(厚生労働省より引用)



今日は涼しいし、室内だし、エアコンなしでいけるかなと思ったことが夏の初めにありましたが
気づくとぼーっとしていたり、頭が痛くなったり、最後は気分が悪くなってきたりして
ダメだ!我慢せずにエアコンを上手に使わないと!と思ったことがありました。
湿度も関係あるとは思いますが、まだまだ暑い日が続きますので、
どうぞ熱中症にはお気をつけくださいね。
(台風も怖いですね、備えあれば患いなしですね)

ルイボスって、ものすごいんです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


この度の自然災害により、被災された皆さまに謹んで
お見舞い申し上げるとともに、
一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



8月に入りました。

みなさま、熱中症にはなっておられませんか?
暑いときは、無理はしないで涼しいところやエアコンをつけてゆっくりとやすみましょう。
しっかり水分や塩分もとって、夏を乗り切りましょう。


我が家では、夏、ミネラルたっぷりでノンカフェインのルイボス
欠かせない飲み物となっています。
ルイボスには、活性酸素を除去する働きがあります。


今日は、この活性酸素を除去するSODについてです。

【注目が高まっているSODという成分】
近年、美容や健康に関心のある人の中では(抗酸化)というキーワードが
有名になっています。それに合わせるように、「SOD酵素」という言葉を
耳にする機会が増えたという人も多いと思います。
SOD酵素は、あらゆる老化現象の原因となりうる活性酸素を除去してくれる成分として
注目の高まっている酵素です。


【SOD酵素は活性酸素の退治役】
SOD酵素は、正確には「スーパーオキシドディスムターゼ」といい、
「活性酸素を除去する酵素」という意味です。
もともと人間の体内に存在している酵素でもあり、
体細胞が酸化するのを抑えてくれる働きがあります。

活性酸素は、適量であれば細胞を守ってくれる役割と果たしているのですが、
増えすぎると途端に悪者となってしまいます。酸化力が強力すぎるので、
細菌類だけでなく細胞そのものまで傷つけてしまう可能性があるためです。
すると、老化現象として様々な不具合が体中に現れることとなります。
病気の原因となることもあります。

それを防ぐために、体内で活躍してくれているのがSOD酵素だというわけです。
抗酸化作用のある成分は、世の中に数多くありますが、
あらかじめ体内に備わっている抗酸化成分だということがSOD酵素の最大の特徴です。


【SOD酵素の美肌効果】
 * * * 美しく健康な肌を取り戻す * * *
肌の場合、細胞の酸化はそのまま老化につながります。
しみもしわも活性酸素の増えすぎによって引き起こされるものです。
また、細胞に傷がつくと肌のターンオーバーも正常に行われなくなるため、
肌荒れや炎症の原因にもなりかねません。

SOD酵素によって、活性酸素を取り除くことができれば、肌細胞の新陳代謝が
活発化しうるおいやハリを取り戻すことができます。
健康な肌を維持できれば、メイクのりにも影響が出ます。


 * * * 体中を健康にしてくれる * * *
SOD酵素の働きは、体中の細胞に及びますから、
ほかにも高血圧や糖尿病など生活習慣病の改善が期待できます。
肌は、体内の不調の原因が真っ先に現れる場所です。
美しい肌をキープするためには、何よりも健康であることが大切です。



【SOD酵素の摂取方法】
SOD酵素は、もともと体内に存在する酵素です。
しかしながら、酵素は一生のうちに作られる量があらかじめ決まっていると言われています。
年齢を重ねるごとに生成される量が減りますし、その力も弱まっていくことがわかっています。
そこで、SOD酵素は、なんらかの形で外部から取り入れる必要があります。

ところが、SOD酵素を日常的な食事から摂るのはあまり現実的ではありません。
SOD酵素は、ルイボスティーやアシタバなどに含まれているので、
進んで普段の生活に取り入れていただけたらと思います。


いかがでしょうか?
スタアリィアイのオーガニックファイブスタールイボスは、
クセもなくとっても美味しいので
ぜひ!普段のお茶として取り入れていただけたらと思います(^:^)

夏をのりきりましょう!!

夏季休業のお知らせ

::::::::::::::::::::::::: 

 
   暑中お見舞い申しあげます。

   夏季休暇と出荷スケジュールのご案内


   休業期間は、8月13日(木)から16日(日)、
   8月17日(月)以降は、通常業務となります。
   どうぞよろしくお願いいたします。

:::::::::::::::::::::::::

ころころ変わる天気・・・体調管理にご注意を!

いつも、スタアリィアイオンラインをご愛顧くださいまして
誠にありがとうございます。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。
ここのところ、日差しがぴりぴり痛くて暑くなってきた・・・と思うと
じっとり雨が降る日は湿度でしんどくなって・・・
エアコンに頼りっきりのわたしです。
これからどんどん暑くなるにつれて、だんだんとお肌の乾燥も気になる季節です。

そこで、美肌の基本としてやっぱり保湿が大切になってきます。
夏ですが「保湿」について です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  
    お肌の水分量をあげよう!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
●肌の水分量は、年齢とともに減っていく●
健康な肌は、角質層に20~30%の水分を含んでいますが、
理想的な水分量は減少していくため、水分量を上げていくお手入れが必要になってきます。

●セラミドの補給が最も効果的●
水分量を上げるには、水分が蒸発しにくい肌を作ることが重要です。つまり、肌のうるおいを保つために重要な役割を果たしている
「皮脂」「天然保湿因子」「角質細胞間脂質」
の3つを正常な状態に保ち、その中に水分がたっぷりと蓄えられるようにすることが大切なのです。
最も保湿に効果があるといわれるのは、細胞間脂質の主成分であるセラミドを補給すること。
角質層の水分の約80%は細胞間脂質に含まれていて、その主成分であるセラミドは約40%を占めています。
つまりセラミドの補給は水分量アップにとても効果的なのです。
セラミドは肌が自ら作り出す保湿物質ですが、加齢や紫外線などさまざまな要因によってセラミドを作り出す力が弱まると、角層の水分が蒸発し、水分量が低下してしまいます。

【 水分量をあげるお手入れ法 】
●洗顔はしっかりすること
肌の上に油性の汚れが残っていると酸化して肌にダメージを与える上、水分も浸透しにくくなります。夜はもちろん朝も洗顔はきっちり行い、余分な汚れを落としましょう。ただし洗いすぎは厳禁です。

●化粧品はコットンでつけましょう。
化粧水を手でつけるとムラになりやすく、肌のすみずみまで水分を行き渡らせることが難しくなります。コットンは含んだ水分をそのまま肌に跳ね返して吸収させるという
特性があるため、美容成分が肌に吸収されやすいのです。

●適度にフェイスマッサージをする
マッサージによって血行が促進されると、美容成分や水分も入りやすくなるため、肌に浸透しやすくなります。強くこすると逆効果ですから、マッサージ用のクリームなどを
使用しながらやさしく行いましょう。

●睡眠をしっかりとる
睡眠不足はターンオーバー(お肌の新陳代謝)が乱れる原因のひとつです。ターンオーバーと水分量は、密接な関係があり、睡眠が不足すると水分量も減ってしまうのです。

●栄養のある食事と水分を摂る
外側からのケアだけでなく、内側からの栄養補給も水分アップのためには欠かせない要素。
肌を作るもととなる、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素をきちんと摂取すること。また、体の中からもしっかりと水分補給しましょう。
正しいお手入れと生活リズムが、肌の水分量を上げるのです。

いかがでしたか?
保湿は大事と思っていても、つい忙しかったり、めんどくさかったりでできなかったことを、
美肌のために今日からやっていこうと思います 。
美肌のために、みなさんもぜひ試してみてくださいね。

緊急事態宣言は解除されましたが・・・

みなさまいかがお過ごしでしょうか。
新型コロナウイルスの緊急事態宣言はようやく解除されましたが、まだまだ安心できなく怖いなぁと感じる毎日です。

学校なども少しずつ再開していますが、
基本のマスク、手洗い、うがいなどは今まで同様
きちんと身につけて習慣化していきたいですね。
さて6月も始まりました!
頑張ってゆきましょう。

***************************

マスク・手洗い・うがいによる予防
【一般的な予防方法】
1.マスクの着用:ウイルスの入り口となる、鼻と口を覆うマスクを着用する
2.手洗い:流行時期にはどこにウイルスが付着しているかわからないので、手洗いを徹底する
3.帰宅後のうがい:気をつけていても、口やのどにウイルスが侵入する可能性は十分あるので、
帰宅時には必ずうがいをする
マスク、手洗いでの予防を流行時期に実行しているかたも多いと思いますが、
より効果的に予防するための注意点を考えてみましょう。
【より効果的な予防】
1.着用するマスクについて
・マスクは清潔なものを使う
・鼻の上までしっかり覆うものを選ぶ
2.手洗いを徹底するには
・爪は短く切る
・指の間や手首、手の甲まで石鹸やハンドソープで丁寧に洗う
・洗い終わったらすぐに清潔なタオルやペーパータオルで拭き取り十分に乾かすこと

ウィルスなどの感染症から予防するには

みなさま、とってもとっても寒いですが、
いかがお過ごしでしょうか?

今、いろいろと流行っている風邪やウィルス系の感染症ですが、やはり予防するということは大事だなと思います。

【まずは、予防することが重要】
冬は空気が乾燥するため、風邪、インフルエンザ、ノロウイルスなど、感染症にかかりやすくなる季節です。
これらの感染症を予防するには、空気の乾燥を防ぐこと、うがい・石けんでの手洗いをすることが重要です。
風邪やインフルエンザに感染した人が咳やくしゃみをすれば、細菌やウイルスが空気中にばらまかれます。
この細菌やウイルスは、空気が乾燥しているほど浮遊時間が長くなります。
湿度が高くなるとウイルスの浮遊時間も短くなり、感染のリスクも減っていきます。
マスク・手洗い・うがいによる予防
【一般的な予防方法】
1.マスクの着用:ウイルスの入り口となる、鼻と口を覆うマスクを着用する
2.手洗い:流行時期にはどこにウイルスが付着しているかわからないので、手洗いを徹底する
3.帰宅後のうがい:気をつけていても、口やのどにウイルスが侵入する可能性は十分あるので、
帰宅時には必ずうがいをする
マスク、手洗いでの予防を流行時期に実行しているかたも多いと思いますが、
より効果的に予防するための注意点を考えてみましょう。
【より効果的な予防】
1.着用するマスクについて
・マスクは清潔なものを使う
・鼻の上までしっかり覆うものを選ぶ
2.手洗いを徹底するには
・爪は短く切る
・指の間や手首、手の甲まで石鹸やハンドソープで丁寧に洗う
・洗い終わったらすぐに清潔なタオルやペーパータオルで拭き取り十分に乾かすこと
***************************

冬の体調管理について、調べてみました。
冬の体調管理のポイントは、まず、
【 体を冷やさないようにすることが大切です 】
たった1℃体温が下がるだけで、免疫力は30%も低下するというデータもあるそうです。
また体が冷えることで血行が悪くなることも、健康面には悪影響を及ぼします。

そして
【 急激な温度変化を避けること 】も重要です。
人間の体は急激な温度変化に弱く、様々な健康トラブルを引き起こします。
また急激な温度変化は自律神経に不調をきたし、寒暖差アレルギーを起こすこともあります。
(寒暖差アレルギーの代表的な症状は、鼻水、頭痛、じんましん、体の痒みなどです)
寒暖差アレルギーは、温度変化が7℃以上で発症しやすくなります。
なるべく温度変化が少なくなるように、寒い場所に行くときには防寒対策をしっかりすることです。
厚着をするのはもちろんですが、マスクなどもして調整して下さい。

次に冬の体調管理では、
【水分補給】も忘れてはなりません。
冬は空気が乾燥しており、汗はかかなくても肌表面から、多くの水分が奪われています。
多くの水分が奪われれば、冬でも脱水症の危険があります。しっかり水分をとりましょう。

***************************

これらを、守っていけば少しでも風邪やウィルスを撃退できるのではないでしょうか?
みなさま全体で、広がらないように、予防していけたらいいなと思います。

9月です。秋ですね。

9月に入り、また一段と涼しくなってきました。
最近、朝方は、少し肌寒く感じて、夏のタオルケットではもの足りないなんてこともあります。
今年の夏は、暑い!と感じる期間が短かったように思います。
だからなのか?我が家の夏野菜は、不作でした(笑)

お盆休みや子どもの夏休みも終わり、仕事や環境、気温の変化も大きいこの時期。
ホッと落ち着いた今、
知らず知らずのうちに、ストレスによる疲れを感じていることはありませんか?
ストレスがたまるとメンタル面の不調として出てくることもあれば、
身体や睡眠、食欲、行動などに出ることもあります。
ストレスがたまっていると気づいたら、まずは睡眠と栄養のある食事を
しっかりとって、リラックスする時間を作りましょう。
わたしは、ラベンダーのアロマオイルをディフューザーに入れたり
気に入った香りのクリームでマッサージしたりして、
リラックスする時間を作るようにしています。
新しい季節を気持ちよくスタートするために、
早めのストレスケアを心がけましょう。

夏季休暇のご案内


::::: 暑中見舞い申し上げます :::::
プレスティージ夏季休暇と出荷スケジュールのご案内
休業期間:平成31年8月10日(土)から15日(木)
8月16日(金)以降は、通常業務となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

毎日あついですね。。SODのお話し。

8月!!
本格的に夏到来ですねぇ。
毎日めちゃめちゃ暑いですねぇ。
みなさま、熱中症にはなっておられませんか?
しっかり水分や塩分もちょこっととって、夏を乗り切りましょう。

我が家では、ミネラルたっぷりでノンカフェインのルイボスは
欠かせない飲み物です。
ルイボスには、活性酸素を除去する働きがあります。
今日は、この活性酸素を除去するSODについてお話しさせてください。

【注目が高まっているSODという成分】
近年、美容や健康に関心のある人の中では(抗酸化)というキーワードが
有名になっています。それに合わせるように、「SOD酵素」という言葉を
耳にする機会が増えたという人も多いと思います。
SOD酵素は、あらゆる老化現象の原因となりうる活性酸素を除去してくれる成分として
注目の高まっている酵素です。
【SOD酵素は活性酸素の退治役】
SOD酵素は、正確には「スーパーオキシドディスムターゼ」といい、
「活性酸素を除去する酵素」という意味です。
もともと人間の体内に存在している酵素でもあり、
体細胞が酸化するのを抑えてくれる働きがあります。
活性酸素は、適量であれば細胞を守ってくれる役割と果たしているのですが、
増えすぎると途端に悪者となってしまいます。
酸化力が強力すぎるので、
細菌類だけでなく細胞そのものまで傷つけてしまう可能性があるためです。
すると、老化現象として様々な不具合が体中に現れることとなります。
病気の原因となることもあります。
それを防ぐために、体内で活躍してくれているのがSOD酵素だというわけです。
抗酸化作用のある成分は、世の中に数多くありますが、
あらかじめ体内に備わっている抗酸化成分だということがSOD酵素の最大の特徴です。
【SOD酵素の美肌効果】
 * * * 美しく健康な肌を取り戻す * * *
肌の場合、細胞の酸化はそのまま老化につながります。
しみもしわも活性酸素の増えすぎによって引き起こされるものです。
また、細胞に傷がつくと肌のターンオーバーも正常に行われなくなるため、
肌荒れや炎症の原因にもなりかねません。
SOD酵素によって、活性酸素を取り除くことができれば、肌細胞の新陳代謝が活発化し
うるおいやハリを取り戻すことができます。
健康な肌を維持できれば、メイクのりにも影響が出ます。

 * * * 体中を健康にしてくれる * * *
SOD酵素の働きは、体中の細胞に及びますから、
ほかにも高血圧や糖尿病など生活習慣病の改善が期待できます。
肌は、体内の不調の原因が真っ先に現れる場所です。
美しい肌をキープするためには、何よりも健康であることが大切です。
【SOD酵素の摂取方法】
SOD酵素は、もともと体内に存在する酵素です。
しかしながら、酵素は一生のうちに作られる量が
あらかじめ決まっていると言われています。
年齢を重ねるごとに生成される量が減りますし、その力も弱まっていくことが
わかっています。
そこで、SOD酵素は、なんらかの形で外部から取り入れる必要があります。
ところが、SOD酵素を日常的な食事から摂るのはあまり現実的ではありません。
SOD酵素は、ルイボスティーやアシタバなどに含まれているので、
進んで普段の生活に取り入れていただけたらと思います。

いかがでしょうか?
スタアリィアイのルイボスティーはとても美味しいので
ぜひ!お試しになっていただけたらと思います(^:^)

ページトップへ