6月はお肌にとって実は過酷な季節!?

6月に突入しました!
もう1年の半分まで来てしまいました!!
あっという間に梅雨を通り過ぎて、夏が来そうな勢いです(笑)
さて、タイトルにもあるように6月はお肌にとって微妙な季節。
雨が降ってジメジメ・・・だったと思えば、
夏のような日差しで気温も上昇・・・
このようなとき、体って結構しんどいですよね。
実は同じように、お肌にとってもしんどいんです。

気温や湿度の上昇による「あせも」が出たりもします。
気温が高い日は汗をかきやすくなりますが、
そのような環境で、汗がこもったままの状態でいると
角質層が乱れてお肌が乾燥したり、汗の成分が刺激となって炎症やかゆみを
引き起こし、あせもなどができてしまいます。

●「3つのぱなし」に気を付けよう。
「汚れっぱなし」
皮脂、洗剤、化粧品などが皮膚に残っている。

「濡れっぱなし」
汗をかいた後や、顔や手を洗った後にきちんと拭かないなど、
皮膚に水分が残っている

「こすれっぱなし」
髪の毛が顔や首にあたっている、服のタグがこすれるなど、
皮膚が刺激を受けて傷んでいる。掻くことも皮膚を傷つける。
だ、そうです。
自分のお肌の状態をチェックしていると、ひどくなる前に対処できます。
みなさんも朝のお手入れの間の数分でいいので、セルフチェックしてみてくださいね。

ページトップへ