ウィルスなどの感染症から予防するには

みなさま、とってもとっても寒いですが、
いかがお過ごしでしょうか?

今、いろいろと流行っている風邪やウィルス系の感染症ですが、やはり予防するということは大事だなと思います。

【まずは、予防することが重要】
冬は空気が乾燥するため、風邪、インフルエンザ、ノロウイルスなど、感染症にかかりやすくなる季節です。
これらの感染症を予防するには、空気の乾燥を防ぐこと、うがい・石けんでの手洗いをすることが重要です。
風邪やインフルエンザに感染した人が咳やくしゃみをすれば、細菌やウイルスが空気中にばらまかれます。
この細菌やウイルスは、空気が乾燥しているほど浮遊時間が長くなります。
湿度が高くなるとウイルスの浮遊時間も短くなり、感染のリスクも減っていきます。
マスク・手洗い・うがいによる予防
【一般的な予防方法】
1.マスクの着用:ウイルスの入り口となる、鼻と口を覆うマスクを着用する
2.手洗い:流行時期にはどこにウイルスが付着しているかわからないので、手洗いを徹底する
3.帰宅後のうがい:気をつけていても、口やのどにウイルスが侵入する可能性は十分あるので、
帰宅時には必ずうがいをする
マスク、手洗いでの予防を流行時期に実行しているかたも多いと思いますが、
より効果的に予防するための注意点を考えてみましょう。
【より効果的な予防】
1.着用するマスクについて
・マスクは清潔なものを使う
・鼻の上までしっかり覆うものを選ぶ
2.手洗いを徹底するには
・爪は短く切る
・指の間や手首、手の甲まで石鹸やハンドソープで丁寧に洗う
・洗い終わったらすぐに清潔なタオルやペーパータオルで拭き取り十分に乾かすこと
***************************

冬の体調管理について、調べてみました。
冬の体調管理のポイントは、まず、
【 体を冷やさないようにすることが大切です 】
たった1℃体温が下がるだけで、免疫力は30%も低下するというデータもあるそうです。
また体が冷えることで血行が悪くなることも、健康面には悪影響を及ぼします。

そして
【 急激な温度変化を避けること 】も重要です。
人間の体は急激な温度変化に弱く、様々な健康トラブルを引き起こします。
また急激な温度変化は自律神経に不調をきたし、寒暖差アレルギーを起こすこともあります。
(寒暖差アレルギーの代表的な症状は、鼻水、頭痛、じんましん、体の痒みなどです)
寒暖差アレルギーは、温度変化が7℃以上で発症しやすくなります。
なるべく温度変化が少なくなるように、寒い場所に行くときには防寒対策をしっかりすることです。
厚着をするのはもちろんですが、マスクなどもして調整して下さい。

次に冬の体調管理では、
【水分補給】も忘れてはなりません。
冬は空気が乾燥しており、汗はかかなくても肌表面から、多くの水分が奪われています。
多くの水分が奪われれば、冬でも脱水症の危険があります。しっかり水分をとりましょう。

***************************

これらを、守っていけば少しでも風邪やウィルスを撃退できるのではないでしょうか?
みなさま全体で、広がらないように、予防していけたらいいなと思います。

ページトップへ